国内ドラマ

【探偵・由利麟太郎】見逃し配信や動画を無料で観よう!1話から最終話まで全話無料で観れます。

探偵・由利麟太郎を配信中の

動画配信サービス一覧

動画配信サービス 無料期間・月額料金 配信の有無

2週間無料

月額888円(税抜)

31日間無料

月額1990円(税抜)

2週間無料

月額1026円(税込)

 

探偵・由利麟太郎の動画を無料で視聴するならコチラ!

FODで○○を観る

 

探偵・由利麟太郎はFODプレミアムで独占配信されています。

 

『見ていなかった』『もう一度見たい』『最初から全部一気に見たい』

そんな方もたくさんいますよね?

今回は【探偵・由利麟太郎】の見逃し配信や動画を全話無料で視聴する方法をご紹介致します。

 

★ 2週間無料トライアル実施中 ☆

★ 毎月8の付く日は400ポイントGET! ☆

探偵・由利麟太郎の無料動画を観る

クリックするとFODプレミアム公式サイトで

無料視聴できます

 

探偵・由利麟太郎の無料動画を観る方法

 

☆探偵・由利麟太郎の動画を無料で観る方法☆

探偵・由利麟太郎の動画を無料で全話視聴するなら、

FODプレミアムの【無料期間】を利用します。

これで1話から最終話まで全話無料で動画を視聴する事が出来ます。

探偵・由利麟太郎の無料動画を観る

FODプレミアムの無料期間は2週間あります。

この期間中に色んな作品を見て楽しんで2週間が過ぎる前に解約しましょう。

これで探偵・由利麟太郎の無料で動画を全話観ることが出来ます。

 

違法動画サイトで視聴は危険

違法動画アップロードサイトでダメ!

いくら規制が厳しくなっても、違法動画サイトは存在します。

それを知った上で、利用する人はどうしようもないですが、知らずに見てしまう方もいるでしょう。

ですが、知らないからと言ってそこで動画を観てしまうと痛い目に遭います。

法の下で罰せられる事はもちろんの事。

自分の大事なパソコンやスマホがウイルスに侵され、詐欺や個人情報の漏洩、さらには犯罪の手助けをしてしまう可能性もあります。

そういった意味でも、必ず公式以外で探偵・由利麟太郎の動画は見ないようにしましょう!

 

探偵・由利麟太郎の無料動画を観る

クリックするとFODプレミアム公式サイトで

無料視聴できます

 

探偵・由利麟太郎の作品概要

探偵・由利麟太郎のあらすじ

 

元警視庁捜査一課長という経歴を持つ、白髪の名探偵・由利麟太郎。由利を敬愛し助手としてバディーを組む、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助。

昭和を代表するミステリー作家・横溝正史のおどろおどしい奇怪な世界を現代風に新解釈!新たな名コンビによるホラーミステリーを京都を舞台に描く。

参考:公式

 

探偵・由利麟太郎の各話あらすじ

 

ここでは各話あらすじをご紹介致します

探偵・由利麟太郎 1話 

 

1話 あらすじ+ クリックして下さい

由利麟太郎(吉川晃司)は、元捜査一課長の経歴を持つ名探偵。

頭脳明晰(めいせき)で「警視庁にその人あり」と言われるほど優秀な人物だったが、ある事件をきっかけに退職。現在では、学生時代を過ごした京都に住まいを移し、骨董(こっとう)品屋を営む波田聡美(どんぐり)が家主となる部屋を拠点にしている。

また、由利を「先生」と呼んで慕うミステリー作家志望の三津木俊助(志尊淳)を助手に従え、犯罪心理学者として活躍している一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査を手伝っている。

そんな由利のもとに、ある日“花髑髏”と名乗る人物から殺人予告のメールが届く。

「挑戦状だ!」と息巻く俊助とともに、早速、指定された場所へ向かった由利は、そこで血が滴る冷凍庫を発見。

中には、遺伝子研究者として知られる日下瑛造(中村育二)の養女・日下瑠璃子(新川優愛)が全身を縛られ、血を流した状態で閉じ込められていた。

瑠璃子にまだ息があることを確認した由利は、救急車を呼び、冷凍庫の持ち主である日下の屋敷へと急ぐ。

そして、由利の旧友でもある京都府警の等々力警部(田辺誠一)と合流し、俊助が人影を見たという2階へ駆け上がると、瑛造の息子・瑛一(長田成哉)の部屋と思われる一室で、致死量に達するほどの大量の血が付着したダウンコートを発見。

さらに研究室では、日下が胸に短刀を突き立てられ、無残な姿で見つかる。由利は、遺体の傍らに不気味に置かれた、血で真っ赤に染まった頭蓋骨が気になり——。

 

1話 ネタバレ+ クリックして下さい

元警視庁捜査一課長で今は犯罪心理学者として本を出し警察の事件に協力したりしている由利麟太郎は、ミステリー作家志望の助手の三津木俊助から花髑髏という人物からの、これから殺人が起きるという挑戦状が、由利麟太郎の事件簿というWEBサイトに届いたと聞かされました。

興味を抱いた由利はメッセージに書いてあった二本榎の墓地へ向かい冷凍庫に入れられたイラストレーターをしている日下瑠璃子を発見しました。

そこから日下邸で京都府警の等々力警部と待ち合わせ、ゲノム治療で有名な湯浅教授の案内で屋敷へと入る由利達でした。

そこの研究室で何者かに刺殺された屋敷の主の日下瑛造の死体を発見した由利達は、きんせんかの花にまみれた髑髏を同時に見つけました。

帰ってきた瑠璃子から血のつながらない兄の瑛一との結婚を父親の瑛造から反対され険悪な仲だったと聞いた由利でしたが、まだ分からないと湯浅教授が瑛造と20年前に行った髑髏の持ち主の八十川藤吉を超音波治療の実験台にして過って死なせた話を聞くのでした。

そんな八十川にアキラという男の子の遺族がいたと聞いた由利は、話の流れからこの屋敷に閉じ籠りゲームばかりしている12歳の魁太という少年がいる事を知りました。

しかし魁太は、デビーと書かれた絵を残して忽然と姿を消したのでした。

その後、研究室で魁太を実験台にしていた隠し部屋を発見した由利は、八十川の集落の墓へ向かい住職から瑠璃色のリボンを見せられ、ある推理を立てました。

そんな時、リサイクル処理場で魁太の血まみれの鉄の塊が発見され、隠れていた物置小屋からGAME OVERと書かれた文字を見つけ、世間は魁太が犯人で自殺したのだと大騒ぎになりました。

由利は魁太の遊んでいたゲームからスロープ9という単語が瑛造の事を指し示していると考え、真犯人が別にいると推理していました。

「的は捉えた、だがまだ射止めてはいない」と呟いた由利は、日下邸を訪れアキラが女の子だった事と、それが瑠璃子だったという推理を三津木達に披露しました。

彼女の次のターゲットが瑛一だと推理した由利は、彼女のアトリエから輪願寺の瑠璃堂に目星をつけ、向かう途中に魁太は瑛造と瑠璃子の子供だった真相を三津木達に話すのでした。

魁太を殺そうと考える瑛一を紐で殺そうとしている瑠璃子を見つけた由利は、彼女が花髑髏という名前で自分に事件を暴いて欲しかったという本当の狙いを指摘していると、ゲーム箱の二重の底から見つかった魁太が、警察官に連れられて現れたのを見た瑠璃子は、由利から瑠璃色のリボンを受け取りおとなしく逮捕されたのでした。

その後、湯浅教授が瑠璃子の忍ばせた毒により亡くなった頃、魁太からの手紙を読んだ瑠璃子は独房で一人涙するのでした。

 

1話 感想  + クリックして下さい

元警視庁捜査一課長だった由利麟太郎が、犯罪心理学者となり京都で住んでいるという内容に、何故そうしているのだろうかと興味を引かれて見始めました。

オープニングでの弓道をしているシーンも、自分も弓道経験がある事から由利麟太郎に親近感を覚え、楽しく見られました。

花髑髏なる謎の人物からの挑戦状や、冷凍庫に入れられた日下瑠璃子や、刺殺された日下瑛造や、八十川藤吉の不気味な髑髏等々、印象的なシーンが数多く見られたのも、犯人の狙いや正体が気になり、グイグイとドラマに引っ張り込まれる感じがしてドキドキしながら最後まで見られました。

魁太がデビーという名前の悪魔とゲーム内で会っていた内容も、瑠璃子が母親として我が子と会いたかった必死な気持ちが伝わってきて、切ない気持ちにもなりました。

そんな複雑な事件をドシッと落ち着いた姿で見事に解決に導いた由利麟太郎という探偵に、すっかり魅了された気分になれた1話でした。

 

探偵・由利麟太郎 2話 

 

2話 あらすじ+ クリックして下さい

祇園のクラブでホステスとして働く吉岡エマ(水上京香)は、近ごろ得体の知れない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされていた。

店にいるときも部屋で休んでいるときも、恋人の五月翔太(赤楚衛二)の腕の中にいるときでさえも、“黒い影”は突如目の前に現れ、そのたびにエマを恐怖に陥れていた。

心をむしばまれたエマは、やがて何かにつかれたように意味不明な言動を繰り返し、天井から切り落とされた女の腕が落ちてくる幻覚まで見るように。

五月はそんなエマを心配するが、一方で、五月の元恋人で同じホステスの神崎美沙子は、気味が悪いとエマを激しく敵視する。

その頃、学生時代の旧友でミステリー同好会の仲間だった井出圭一(尾上寛之)と会っていた俊助(志尊淳)は、道端で放心状態のエマに遭遇する。

井出が店の常連客だと知ったエマは、突然「女性の死体を見た」と言い出し、聞けば、ドラマのオーディションで連れていかれた洋館で、バスタブの中で死んでいる美沙子を見たという。しかし、日ごろから幻覚に悩まされていたエマは、それが現実だという確証が持てない。

真相を確かめるべく由利(吉川晃司)に助けを求めた俊助は、早速洋館の場所を突き止めるが、そこには死体どころか殺人が行われた痕跡も見当たらない。

さらに翌日には美沙子が店に来たとママの梶原絹江(山口香緒里)が証言。やはりエマの幻覚だったのか——。そう思った矢先、エマが見たという凄惨(せいさん)な光景、洋館のバスタブから美沙子の死体が発見される……!

 

2話 ネタバレ+ クリックして下さい

マダム・シルクというクラブでホステスをしている吉岡エマは、恋人の五月翔太に連れられて帰ろうとすると、彼が黒い姿の人物に見え悲鳴をあげてしまいました。

その夜、寝つけないエマは天井から無数の黒い手が落ちてくる幻覚を見て、そのまま朝になり、タトゥーの入ったホステスの神崎美沙子の左腕だけを見つけ驚いてしまうという夢を見たのでした。

そんな頃、大家の波田聡美に頼まれ、花を買って帰った由利麟太郎の元に、助手の三津木俊助が訪れ、昔書いた小説のトリックが思い出せずに来たと見抜かれ、その小説を誰かに見せたはずと由利からヒントを貰った三津木は、ミステリー同好会の仲間に見せた事を思い出すのでした。

その後、マダム・シルクで美沙子が血まみれで店に現れた幻覚を見て騒いでしまったエマに、虚言はもうたくさんだと怒って帰る美沙子でした。

気分転換にと女優志望のエマに、クラブのママの梶原絹江からドラマのオーディションを紹介され、翌日、目隠しをしたままイギリス人の男性の車で古い洋館へ行ったエマは、また黒い姿の人物を見てしまい気絶してしまいました。

気がついたエマは、暖炉に入っていた美沙子の左腕とバスタブの中で死んでいる美沙子を見つけ悲鳴をあげるのでした。

自宅マンションの前で倒れていたエマに声をかけた常連客の井出圭一と、ミステリー同好会仲間の三津木は「美沙子の死体を見た」と聞き、彼女が幻覚に悩まされている事を知り、由利に相談する事にしました。

死体を見た場所を特定した由利達は、古い洋館を見つけ中へと入りましたが、死体は何処にもありませんでした。

その後、古い洋館から美沙子の死体が発見されると同時に、エマは黒い姿の人物と大きな目玉の幻覚に襲われました。

その後、京都府警の等々力警部は、エマ、井出、絹江、常連客の小松四郎、五月と次々に事情聴取をしました。

しかし、確たる供述が得られず事件の真相が分からない中、最後に事情聴取を受けた由利は、現場の足跡とエマが自分が殺したかもしれない話している事を知り、「的は捉えた」と呟くのでした。

その後、五月が事情聴取から逃走する事態となり、エマと共に逃げるのを追った由利は、車の中で三津木に『魔の家』という映画の記事を見せ、監督だった父親の井出江南の息子だった井出が、映画を再現しようとしていると推理して聞かせました。

眠っている絹江の体をバスタブに置き、映画のヒロインに選んだエマに正体を明かした井出は、チェーンソーで絹江の体をバラバラにしようとしました。

その現場の井出レンズ9番倉庫へ駆けつけた由利は、彼女の住んでいるマンション自体が井出の持ち物で、幻覚を見る仕掛けをしていたと三津木に話すと、エマを殺そうとしている井出を見つけ、子供扱いした美沙子を殺害した事を聞き出しました。

子供の頃から映画の悪夢を見ている井出に、「オリジナルを越えるリメイクは無い」と話しかけた由利は、格闘の末、二人を無事救出したのでした。

その後、五月が洋館で殺されたと耳にしたエマは、一人うなだれて泣くのでした。

 

2話 感想  + クリックして下さい

吉岡エマというホステスの女性が、黒い姿の人物や黒い手の悪夢に悩まされていたシーンは、ホラーものが好きな自分としては、グイグイとドラマに引き付けられる演出に感じられ、ドキドキしながら見られました。

そんな中で、ホステス仲間の神崎美沙子が殺害され、犯人が誰なのかとアレコレ推理しながら見られたのも、個人的に楽しく感じられましたので満足出来た回でした。

それにしても由利麟太郎という主人公は、小さな事も、一度見た事も、よく覚えていて、そこから難事件の解決への糸口を解いていく姿は本当にカッコよくて、憧れさえ抱くキャラクターだなと今回も感じました。

そんな由利の部屋に置かれた、追憶の椅子、という由利が関係する女性の椅子が登場しましたが、このシーンが今後どのような伏線となっていくのかも非常に気になり、次回が更に楽しみになった2話でした。

 

探偵・由利麟太郎 3話 

 

3話 あらすじ+ クリックして下さい

仮装パーティーに出演したモデルの名越優美(村川絵梨)は、出番を終えて戻ってきたVIPブースで、サンプルと思われる香水の美しい小瓶を持ったピエロに遭遇。思わず手に取った優美だが、モデル仲間の白川珠喜(島居香奈)にその小瓶を取り上げられてしまう。その直後、優美に代わって香水を浴びた珠喜は突然、けいれんを起こし、倒れてしまう。優美が慌てて助けを呼びに行くと、すれ違うようにやってきたのは俊助(志尊淳)。出版社の編集担当・山岸(木本武宏)に誘われパーティーに参加していた俊助は、偶然にも珠喜が履いていたピンヒールを拾い、持ち主を探していたのだ。そして、行きついたVIPブースで眼から血を流して死んでいる珠喜を発見。俊助は殺人容疑で逮捕されてしまう。一方、店の裏口では、モデル仲間・川瀬文乃(阿部純子)が、踊りながら歩き去るピエロを目撃していた——。

帰宅した優美は、パーティーで起きた惨劇を料理研究家志望の夫・恭介(浅利陽介)に話す。恭介はショックで打ちひしがれている妻をなぐさめようとするが、優美はうんざりした様子で恭介にきつい言葉を浴びせる。

翌朝、等々力(田辺誠一)から俊助逮捕の知らせを受けた由利(吉川晃司)は、早速、珠喜を毒殺した真犯人を捕まえるべく殺人現場へ。「久しぶりのタッグだ」とどこかうれし気な等々力とともに、犯人が残した痕跡を追っていく。一方、ピエロの目撃者である文乃の家には何者かが忍び寄っていて……。

また、留置場の俊助は由利との出会いを思い出し、今回の事件を整理していた。そして由利は、壊れた懐中時計を見ながらある過去の事件を思い出していた。それは警視庁捜査一課長を由利が退職する原因となった事件で…。

 

3話 ネタバレ+ クリックして下さい

ある日、ミステリー作家志望の三津木俊助が編集者の山岸克平と共にナイトクラブでファッションショーを兼ねた仮装パーティーに小説の参考にと参加する事にしました。
そんな時、ファッションショーに出る事になっていたモデルの川瀬文乃は、モデル事務所社長の鮎沢慎吾から履くようにと言われたピンヒールを嫌い、裸足でランウェイを歩くのでした。
そんな光景を見ていた同じモデルの名越優美が、ピエロ姿の関係者から赤い香水を受け取ると、白川珠喜が優美からふざけながらソレを取り上げると、体に振りかけた途端に倒れて亡くなるという事件が起きました。
そして彼女が落としたピンヒールを拾った三津木が、犯人と疑われた為に逮捕されたのでした。

自宅へと戻った優美は、夫の恭介に珠喜が毒殺された事を伝え、ナーバスになっていた事もあり、恭介に冷たい態度を取りました。

その後、助手の三津木が殺人容疑で逮捕された事を知った由利麟太郎は、京都府警に出向き、三津木と話し終えると、早速等々力警部と共に捜査を始めました。

殺害現場で優美と文乃の足跡の痕跡をたどり、事件当夜の様子を推理し、犯人が居たと思われる場所を特定したのでした。

そんな時、事件の時にピエロを目撃した文乃は、犯人のピエロの人物に、部屋にあった加湿器の中に毒を入れられ、殺害されてしまいました。

等々力警部と食事をしていた由利は、二人して次の日、優美の自宅を訪ねました。
事件の事や二人の様子を観察した由利は、その足で三津木に会い、三津木が「犯罪は恐怖から生まれる」と推理した事を聞き、「君は的を捉えた」と賛同すると、34センチの靴のサイズの人物を尋ね、ピエロの存在を知ると早々に帰って行きました。

その後、優美のの自宅からピンヒールが無くなったと連絡が入り、再度彼女の元を訪れた由利と等々力は、靴の跡が無い事に疑問を抱きました。

文乃の住む『パティオ霧山』というマンションを訪れた由利は、犯人のピエロの人物と出くわし、襲われたものの、格闘の末撃退すると逃げられてしまいました。
すると、殺されていた文乃を発見した由利と等々力は、ワザワザ戻ってきて盗まれた優美のピンヒールを履かせた事や、ピンヒールは呪われていると壁に書かれた文字を見て、行き当たりばったりの犯人だと推理しました。

その後、等々力が足跡のDNA鑑定が恭介のものだったと由利に伝えると、ナイトクラブの現場の足跡からローズマリーを見つけていた由利は、犯人が恭介と考えるも動機が足りないと話すのでした。

その頃、犯人のピエロの人物だったと恭介から打ち明けられた優美は、自分に関心を示さない不満を恭介から言われ、鮎沢と不倫していた事も暴露され揉み合いとなりました。

優美の自宅に駆けつけた由利と等々力は、恭介が優美を連れて乗って逃げた車の跡を発見すると、釈放された三津木から、「不倫が犯行の動機」と聞き、自宅へと入りました。
モデル事務所で鮎沢が死体で発見される中、由利が『清明のさとうきび』と呼ばれる毒物に気付き、三津木がネットで赤いワゴン車の目撃情報を呼びかけ足取りを掴むと、優美が連れ込まれた恭介が契約した賃貸の部屋へと駆けつけました。
優美が殺されかけていたのを寸前で助けた由利は、彼女に初めから標的は優美のみで、他の二人は行き当たりばったりで殺されたという事件の真相を話して聞かせました。
その後、逃げようとした恭介を等々力が偶然倒して捕まえると、恭介は逮捕され連れて行かれました。
そんな等々力に三津木が、恭介と格闘になった時に由利が本気で殴ろうとしていた話をすると、「妻を殺めようとするのをアイツは絶対に許さない」と、由利の過去に関係する話を少しだけする等々力でした。

 

3話 感想  + クリックして下さい

ナイトクラブで三津木が白川珠喜殺しで容疑者にされた展開は、よくあるパターンに感じましたが、犯人のピエロの人物を由利麟太郎がどうやって追い詰めていくのかに個人的に興味津々でしたので、特に気にならずにストーリーを楽しめたかなと思いました。

そんな逮捕された三津木が、京都府警に拘留されながらも、由利からも賛同される推理を考えた成長を見せたのも、三津木の存在感も次第に大きくなってきたと感じられ、楽しく見られました。

犯人だった優美の夫の恭介が、優美から罵倒され、劣等感から次第に殺意を抱いた内容も、あれだけ何かをしようとしても認めてくれない状況だったら分かるなと共感してしまいましたし、モデル事務所の社長の鮎沢慎吾と不倫までしていたら、それは一線を越えるかもしれないと、かなり説得力のあるストーリー展開にハラハラドキドキしながら見られました。

恭介が使用した毒物を由利が、清明のさとうきび、と呼ばれているモノだったというシーンを見て、毎回ではありますが、由利の博学な一面がまた垣間見えて、本当に魅力的な主人公だなと思いました。

更に迫力のある格闘シーンもふんだんにあり、何でも画になる由利麟太郎というキャラクターに、憧れさえ抱いた3話でした。

 

探偵・由利麟太郎 4話 

 

4話 あらすじ+ クリックして下さい

オペラ界のスターでソプラノ歌手の原さくら(高岡早紀)は、弟子で若手歌手の相良千恵子(吉谷彩子)、テノール歌手の小野竜彦(佐野岳)、マネージャーの土屋恭蔵(鈴木一真)と助手の雨宮順平(水沢林太郎)、そのほかオーケストラの楽団員らとともに、東京での公演を終え、次の舞台・大阪へと向かっていた。

ところが翌日、会場に集まった一同は、さくらがいないことに気付く。さらに、見知らぬ女の子に手紙を渡された小野が中を見た瞬間、顔色を変えて出て行ってしまう。そんななか、一行のもとには東京からの荷物が届き、コントラバス奏者の川田良介(佐渡山順久)が自分の楽器が見当たらないと騒ぎだす。しばらくして川田のコントラバスは無事に見つかるが、ケースの中にはバラの花びらに覆われたさくらの遺体が入っていた——!

さくらの夫・総一郎(大鶴義丹)に誘われ、俊助(志尊淳)とともに会場を訪れていた由利(吉川晃司)は、絞殺されたさくらの遺体から砂が落ちたことに気付く。また前日の夜、千恵子がさくらに頼まれて代わりにホテルにチェックインしたことも判明。さらに、さくらの持ち物には、暗号化された読めない楽譜が。それは、同じ楽団のバリトン歌手・志賀笛人(水橋研二)の弟子で、当時新人歌手だった藤本章二(池岡亮介)が殺害された際に、楽譜を手にしていたという事件をほうふつさせた。

スター歌手だったさくらの死にショックを隠せない楽団員たち。すると、メンバーの間ではたびたびさくらの亡霊が目撃されるようになる。そして犯人が分からないまま、一行にはさらなる悲劇が迫っていて…!

 

4話 ネタバレ+ クリックして下さい

ただ今、準備中です…

 

4話 感想  + クリックして下さい

ただ今、準備中です…

 

探偵・由利麟太郎の見どころ

 

1937年から始まる横溝正史の連載小説・「探偵・由利麟太郎シリーズ」。舞台は戦前の日本・東京。それを現代の日本・京都に置き換えて。警視庁捜査一課課長出身の探偵・由利麟太郎(吉川晃司)が、独特の嗅覚を発揮して、怪事件に立ち向かうミステリー。

 

第一話は、「花髑髏」。日本テレビ・ドラマ「ギルティ〜この恋は罪ですか?〜」に主演している新川優愛を魅惑な犯人役に。

原作との違いを複雑な令和の心情で提示。父親譲りの乱暴さは影を潜め、複雑そうな困りごとの心理を垣間見せる新川。

ふっくらした頬が歪む理由は!?

 

子ども時代の重圧は、昭和初期のそれと大分違うのでは…。

励まし、力づける親の不在の苦しみを自分の子どもには味合わせたくなかった。子どもを守るために、その子を殺すと言った者を許せなかった。短気短略、貧乏暇なし。この犯人像に対するは、東京の裕福なキザ探偵。呑気ぼんぼん。優雅な上流階級の文化の嗜みの香り。鼻につく気どり。

原作の世界の構図に似ているも。昭和初期の上流階級同士の対決、上流対下流は昔ほどではないはず。

しかし、幾分のプレッシャーを伝えている。池袋の例の交通事故やアメリカ・ファースト、都民ファーストのブーム。

今伝えたい事は、世の中の闇に潜む何か。気分転換を超えて、脅威。或いは恐怖。世界の国々の順位が歴史的に確定しそうな気配を感じ、動き出した日本人の温故知新。その気分もあるのではないでしょうか。

古来より、様々な魑魅魍魎が跋扈したと伝えられ(怖いですねー)、日本の地を駆け巡った悪感…。そのページを一枚一枚めくるようにして、探偵・由利麟太郎は、怪事件を紐解こうとしている。

 

高校時代は水球の名選手であった運動能力抜群の吉川晃司が、恐る恐るではなく、大胆不敵に、矢を射るように的に当たりをつけていく。

犯人は、なぜ、そのような事をしたか、話し出すのだろうか。その胸の内は憎悪か、ただひたすらの殺人趣味でない何かか。あの時の恨み、怒り、恥。恥を描き過ぎた現代人が太刀打ちできるのだろうか。

この昭和初期舞台がモデルの比較的真っ直ぐ寄りの憎悪、悪意。時代錯誤ばりの朴純な気持ちから、神経を痛めつけてくるルートは、現代劇そのものの医学からすると痛烈な盲点に。

 

由利麟太郎は、慎重に犯人の足跡をトレース。すると、危険な猛獣のような殺意を持った犯人が。少し距離を置いて、弓術を駆使する。実に、考えた策。しかし、敵も考えている。待ち伏せる敵が現れないとも限らない。落ち着いて、ドラマを観ていかないといけないのだ。

 

探偵・由利麟太郎のキャスト・スタッフ

 

キャスト

吉川晃司 

 志尊淳 

どんぐり

田辺誠一

水上京香

赤楚衛二

 

スタッフ

原作:横溝正史「由利麟太郎シリーズ」
(角川文庫 刊、柏書房 刊)

脚本:小林弘利

音楽:ワンミュージック

演出・プロデュース:木村弥寿彦 (カンテレ)

プロデューサー:萩原崇 (カンテレ)

森井敦 (東映京都撮影所)

福島一貴 (東映京都撮影所)

制作協力:東映京都撮影所

製作:カンテレ

 

探偵・由利麟太郎の動画はFODプレミアムで視聴!

 

今回探偵・由利麟太郎の見逃し配信動画のを無料で視聴する方法をご紹介致しました!

探偵・由利麟太郎の最新話の見逃し配信はテレビ放送の終了後に、探偵・由利麟太郎の1話から最新話まで全話視聴したい方もFODプレミアムで視聴する事が出来ます。

2週間の無料期間があるので2週間以内解約すれば全くお金がかかる事はありません!

この2週間の間についでに色んな作品もたくさん見ちゃいましょう!

どの動画配信サービスがいいの?

1

Huluを始めてみたいけど、よくわからない、不安があるという方、難しいサービスだと思っていませんか? 実はすべての作品が見放題のHuluは、動画配信サービスを初めて利用する人にピッタリのサービスです! ...

2

映画やドラマ好きにとって、もはや不可欠な存在となった定額で見放題の動画配信サービス。 なかでも『U-NEXT』は各ジャンルのプロが厳選した5000を超える特集と品揃え、さまざまな使い方が出来るポイント ...

3

今まさにFODを利用しようと思っている方は、何かフジテレビ系のドラマやバラエティ、FOD独占のアニメなどを見たい方ではないでしょうか? ですが、いざ利用しようと思っていても、有料っぽいし…登録もめんど ...

-国内ドラマ
-, ,

Copyright© 動ナビ/動画配信NAVI , 2020 All Rights Reserved.